身分証も提示しなければならないので風俗店の求人選びは慌ててはいけない

2015-08-17

風俗の仕事がしたいという場合には身分証の提示が必要になってきます。身分証というのは運転免許証と住民票さえあればいいです。身分証を提示することによって個人情報が知られるわけですから、そういうことに抵抗を感じるかもしれませんが、法律で決められているので仕方ないという側面があります。

■なぜ身分証の提示が必要なのか?
身分証の提出が求められる理由としては、18歳未満の女の子を店舗側が雇うことによって風俗営業法違反により営業停止処分と刑事処分を受けることになるからです。

もし身分証の提示が求められなかったのであればそれだけで違法な店舗であることが分かりますので、そういうところには働かないほうがいいでしょう。

身分証の提示によってこの人が未成年でないかどうかと日本国籍かどうかなどをチェックしたいだけです。求人を見て応募した段階でこういう身分証を持参してくださいという案内がきますのでそれに従えばいいのです。

■身分証のコピーを3年間保管する必要がある
店舗は従業員名簿と共にそこで働いている風俗嬢の身分証のコピーを3年間保管する必要があります。体験入店をして合わないなあと思って結果的に入店しなかったとしても、身分証のコピーを返還されるということはありません。

■未成年者は風俗で働くことはできない
18歳未満の未成年者は風俗で働くことは一切できませんので、年齢を偽ろうとかせずに18歳になるまで待っておきましょう。年齢を偽ったまま雇ってしまうと店舗側に被害がこうむります。

■身分証の提示に応じる必要がある
店舗としては未成年者を雇うリスクを減らすためにも身分証の提示をしなければいけません。身分証の提示ができないというのであれば考え直したほうが身のためです。

Copyright© 2015年8月17日 周囲の人間が羨むほどの高収入生活が風俗求人で紹介されている事実
http://www.annavikstrom.com All Rights Reserved.